頭痛

【頭痛がズキン!】一瞬だけ電気が走るように痛みが響くときの対処法

ズキン!と一瞬起こる頭痛について

頭痛が一瞬ズキンっとする痛みに悩んでいませんか?

思わず顔を歪めてしまうほど急に頭が一瞬ズキッと痛むんですが、一瞬だけだし初期の頃は毎日続かないんですよね。

だから余計に気になるし、頭に強い痛みが走るのは怖い…。

そんな頭痛が一瞬ズキンっとするときは、隠れ首こりを改善していきましょう!

首こりと感じていなくても、ひそかに首が凝ってくることで起こりますからね。

だから首に負担をかけやすい生活で、

  • パソコン仕事やスマホが多かったり、
  • いつも同じ姿勢(猫背)で長時間過ごしたり、
  • 細かい作業をしたりして、

強い頭痛が電気が走るように一瞬起こります。

慢性化することで、頭全体をギュッと締め付けるようになりますから、本文を呼んで、治りやすい今のうちに改善していきましょう!

頭痛が一瞬だけズキンっと痛む『後頭神経痛』

頭痛が一瞬だけ起こる人は、頭(首)が動いた時に起こりやすいです。

なぜなら、首の筋肉が後頭部の神経に当たった時に、ズキンって痛みが走るからです。

このことを『後頭神経痛(こうとうしんけいつう)』といいます。

首の負担が強すぎる!猫背や姿勢の悪さから首が凝る

猫背や姿勢が悪いときは、通常よりも首に負担がかかるために、筋肉が凝ってきます。

これは、頭を首と肩だけで支えているので、下を向くだけでも倒れる頭を首と肩の筋肉で支えるようになるからです。

あなたは電車や座った時に、真下を向くように何時間もスマホを見ていませんか?

頭の重さは5,6キロですが、真下を向いているときは首や肩に30キロほどの負担がかかるようになります。

だから、後頭神経痛なんて難しく考えずに、

  1. スマホやパソコンの姿勢が悪くて、首が凝ってくる
  2. 首の筋肉が固まったまま、頭(首)を動かすと神経に筋肉が当たる
  3. ズキン!って強い頭痛が一瞬だけ起こる

といった状態で、強烈な首こりがあると思ってください。

偏頭痛の場合は優しく血管が拡がって神経に当たるので、「ズキズキと脈をうつように痛く」なります。

首こりから一瞬だけ起こる場合は、筋肉が神経にドンッと当たりますから、ズキン!と強い痛みになるんです。

だから、じーっと同じ姿勢で作業しているときは痛くなりません。

ふーっと少し気を緩めたときや、電話が鳴って、首をパッて動かしたときに頭痛が起こりやすいです。

これは猫背や姿勢の悪さが続いて、首に負担がかかっているから起こる頭痛です。

頭痛が起こりやすい時間は、筋肉の疲れがたまってくる夕方や夜

頭痛が起こりにくい時間は、朝や午前中で疲れていない時です。

右側?左側?一瞬だけ起きる頭痛は片側だけ

頭痛が一瞬だけ起こるズキンっとするときは、左右両方ではなくて、片方だけ首の筋肉の影響で起こります。

これは、両方の首の筋肉が固くなっていても、片側だけが異常に凝っていることが多いからです。

この時に、筋肉が凝っている側に頭痛が走るので、片側だけ一瞬頭痛が起こります。

まずは実際に、あなたが首こりがあるのか確認していきましょう。

首こりの確認の仕方は、

  • 仰向けになってから、(無駄な筋肉の緊張を抜く)
  • 上の写真(緑の所)を横に刺激をするように、
  • 髪の毛の生え際辺りを刺激すると、

筋肉がコリコリしてる場合は、首こりから起こっている可能性が高いです。

あまりに筋肉が固くなっていると、この緑の筋肉のエリアを触るだけで、ズキン!と頭痛が走ることもあります。

片方だけズキンと頭痛が一瞬起こる場合は、首こりを疑いましょう。

確認するときにグッと押し込んだり、強くマッサージしないこと

頭が一瞬ズキッとするときにマッサージは危険

頭が一瞬ズキッとするときに、マッサージで改善することはおすすめしません。

なぜなら、マッサージで強引にアタックすることで、首の骨がグイッと歪むからです。

例えば、「ヘッドスパに行ってから調子が悪い」と相談されることがあります。

  • 小顔矯正をしてから頭痛が止まらない
  • ヘッドスパをしてから頭痛と吐き気がする
  • ゴルフボールで首のマッサージしてたらめまいがして…

こういった症状は、首の1番上の骨がグイッと歪んだだけで起こります。

頭痛を改善しようと思っていたのに、かえって頭痛が強くなってはもったいないです。

だから、頭痛が一瞬だけ起こるような首こりに、マッサージはおすすめしません。

スポンサーリンク



頭痛が一瞬ズキンっとしたときは温めよう

首こりから起こる頭痛を改善するときは、凝っている筋肉を温めましょう。

なぜなら、温めて血流を良くすることで、首の筋肉が緩むからです。

ただし、熱すぎるもので温めないでくださいね。

お風呂で触れるほどの熱さのお湯で、タオルを絞って首元に当てるのもいいです。

お風呂以外では、ホットアイマスクを先ほどの筋肉の場所に当てるのもいいですよ。

セルフケアとして行う分には、この2つが安全に首の緊張をほどいてくれます。

首こりがギュッと固まっているような時だからこそ、ホッとするように首元を温めてあげましょう。

頭痛がズキンって一瞬だけ起こる回数が増えてきたら要注意

一瞬だけ起こる頭痛を放っておいて、頭痛の回数が増えてきたときは要注意です。

この時に起こりやすいのは、

  1. 頭を強く締め付ける慢性頭痛に変わる
  2. 自律神経が乱れ始める

といった、体の大きな不調に変化していくからです。

頭をキリキリと締め続けるような”緊張型頭痛”

首こりが強くなると、頭をキリキリと締め続けるような”緊張型頭痛”に変わります。

なぜなら、肩や首が凝り固まりすぎると、血流が悪くなることで”緊張型頭痛”が生まれるからです。

例えば、マッサージ屋さんにどれだけ行っても「腰が痛くて治らない」っていう方がいますよね。

こういった方は筋肉が固くなりすぎて、『筋肉が干からびている』ようなイメージです。

だから、ほぐして血流を良くしても改善しにくい状態になるんです。

同じように首の筋肉が凝り固まりすぎると、常に頭痛が起こるような状態へと変化します。

この時は頭痛の種類も変わり、『頭を締め続ける”緊張型頭痛”』になりますからね…。

【肩こりで頭痛】頭を締め付けるような痛みを改善する5つの治し方肩こりからくる頭痛で悩んでいませんか? 頭をギューッと締め付ける頭痛や頭がガンガンすると、仕事に集中ができないしストレスが溜まる一方に...

首こりからやってくる自律神経の乱れ

頭痛の回数が増えてきて首こりが慢性的になると、自律神経が乱れ始めます。

これは、自律神経を管理している脳が首にあるため、首こりが強くなるとコントロールできなくなるからです。

だから、バランスが乱れて体の不調が出やすくなります。

当院で自律神経の乱れを相談されるほとんどの方が、頭痛や頭がふわふわする感じを訴えます。

こういった自律神経のバランスが乱れると、セルフケアだけで治すことは難しいです。

整体で首をしっかり整えていくことが必要になってきます。

首こりを放っておいて、自律神経が乱れないように気を付けてくださいね…。

自律神経の乱れを整える
自律神経の乱れを首から整える!下を向いていては始まらない!「自律神経を整えたいけど、どうしたらいいのかわからない」って悩んでいませんか? 自律神経ってむずかしく考えがちだし、『自律神経=うつ病...

くも膜下出血で頭痛がズキンってくるときは激痛

くも膜下出血からも頭痛が起こりますが、この場合は今までにない頭痛が襲います。

  • 経験したことのないレベルの激しい頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 意識障害

こういったことがあれば救急車が必要です。

ただしこの場合であれば、このページを見てるほど余裕はないと思います。

いつもと違うと感じるような激しい頭痛に注意してくださいね。

スポンサーリンク



まとめ:頭痛がズキンって一瞬だけくるときは首こりを改善しよう

頭痛が一瞬だけ起こる時は、「脳の問題?」って少し不安になりますよね。

でも意外に首が凝っているだけのことも多いです。

首こりが原因と分かれば、対応しやすいですからね。

首こりが起こらないように、

  • 姿勢を正して首に負担をかけない
  • スマホやパソコンの時間を減らす
  • 長時間同じ姿勢をしない

といったことは、今日から意識して実践していきましょう。

セルフケアで改善する場合は、マッサージやゴルフ・テニスボールでほぐさずに温めてください。

自分の体は一生のパートナーですから、ご自愛くださいね。