冷え性

お腹が冷えると痛くなる!外出中でもゴロゴロしないための5つのケア

お腹が冷えると痛くなる

お腹が冷えやすくて、ゴロゴロっとお腹が痛くなることで悩んでいませんか?

仕事中やお出かけ中だとトイレに何回も行くのが恥ずかしいし、お腹の痛みを我慢するのってしんどいですよね。

そんな時は、お腹の外側と内側の2つをケアをして改善していきましょう!

あなたはお腹以外にも体が冷えていませんか?

お腹は内臓があるので、冷えやすい人は体の調子が悪くなりやすいです。

体の冷えって治りにくいですから、本文でしっかりフォローしていきますよ。

まずはお腹が冷えにくい体にすることと、改善方法を一緒に知っていきましょう。

お腹が冷えるときは下腹部をケアをしよう

お腹が冷えて痛くなるときは、下腹部(へそより下)をケアをしていきましょう。

なぜなら、お腹を壊す時は下腹部(特に左)が痛くなるからです。

例えば「お腹が冷えて痛い…」と思ったときに、手で押さえる場所は下腹部ですよね。

この時『左下腹部だけ痛くなるとき』と『下腹部全体が痛くなるとき』がありますが、メインは左側(腸の出口側)です。

だからお腹を温めるときは、『下腹部(特に左)』を中心としてアプローチした方が効果的です。

お腹が冷えて痛いときは、下腹部に注意することをまず覚えておいてくださいね。

1度お腹が冷えて痛くなったら、我慢せずにトイレに行きましょう。

体は「悪いものを早く出したい」と思っているので、我慢すると腸にも自律神経にも負担がかかりますからね。

お腹が冷える人の特徴とは

お腹が冷える人の大きな特徴を知っていきましょう。

というのも、お腹が冷えやすい特徴がわかれば、対処法や治らない原因が見えてくるからです。

たご先生
たご先生
どちらもこの記事でフォローしていきますよ。
お腹が冷えやすい行動お腹が冷える理由
冷たいものを飲むことが多い冷たいものばかり飲むと内臓を直接冷やしてしまう
運動不足で体を温める筋肉がない体の熱源がなくなって温まりにくくなる
自律神経に負担がかかっている体温調整や内臓をコントロールしている自律神経に負担がかかると、お腹の調子が崩れやすい
骨盤周りをさわると冷たいお腹周りの部位が冷えてしまうと、お腹が間接的に冷やされてしまう

冷たいものを飲むことが多い

冷たいものを飲むことが多いと、お腹は冷えやすくなります。

これは、お腹の内側から冷やすことで、内臓が直接冷えてしまうからです。

例えるなら、夏の温かい時にアイスを食べすぎてお腹を壊すイメージ。

冷たいプールで長期間遊ぶよりも、短期間でも体の内側を冷やす方がお腹は冷えます。

だから、お腹を温めたり服装を意識することも大切ですが、冷たいものを減らすことも大切です。

体の内側から冷やしてしまうと、お腹はかなり冷えやすくなりますからね…。

大人になると1日の摂取カロリーは、約2000kcalです。

200mlの冷たい水を飲むだけで、体は約6000kcalの熱量を生んで水を温めます。

冷たいものを飲めば飲むほど、体の熱が失われるのがよくわかりますよね。

運動不足で体を温める筋肉がない

運動不足になると筋力が足らなくなって、体が冷えやすくなります。

というのも、体の熱の約半分は筋肉(下半身)が作っているからです。

だから、

  • 車や電車で移動することが多くて
  • 仕事で疲れて運動する気が起きない
  • 休みの日ぐらいのんびり過ごしたい

と、運動したり歩く機会が減ってくると、筋力が弱ります。

筋肉は使わないと弱くなる性質を持っていますからね。

だから、お腹に限らず体が冷えている人は、運動不足で体が冷えやすいです。

自律神経の負担が強くて、お腹が冷える

自律神経に負担がかかっていると、体の冷えだけでなくお腹の調子も悪くなります。

これは、体温調整や内臓を動かしているのが自律神経だから、ダイレクトに影響を受けます。

自律神経にストレスがかかるのは、

ストレスの種類ストレスの詳細
心のストレス人間関係が合わず、職場にいずらいなど
体を支えるストレススマホやパソコンのしすぎで、首に負担がかかっているなど
体の内側(内臓)のストレス保存料の入っているお菓子・農薬が多い野菜・インスタント食品が多いなど
体温調節のストレス暑い・寒いを繰り返す、夏や冬場の職場やコンビニなど
生活のストレス昼夜逆転やお風呂に入らない生活など

こういった5つのストレスが多いままでは、お腹の冷えは取りにくいです。

内臓の調子が下がり、お腹が冷えることが同時進行で行われますからね…。

自律神経について詳しく知らなくてもOKですが、上記の5つが原因であることは覚えておいてください。

こういった環境で過ごしていると、自律神経に負担がかかって、お腹の冷えが取りにくくなりますからね。

骨盤周りをさわると冷たくなっている

骨盤周りが冷えていると、お腹が冷えやすい原因になります。

というのも、下腹部は骨盤の少し上にあるので、骨盤周りが冷えてくると下腹部が冷えをもらうからです。

あなたはお腹だけでなく、

  • 腰や背中が冷えている
  • お尻が冷えている
  • 股関節が固くなっている
  • 太ももが冷えている

こういった冷えを持っていませんか?

下腹部をケアしても、周りが保冷材のようになってお腹を冷やしていては改善しにくいです。

骨盤周りが冷えているときは、お腹が冷えやすいので気を付けましょう。

お腹が冷える時の改善方法

お腹が冷える時の改善方法を紹介します。

ポイントは、お腹を持続的に温かくする状態を作っていくことです。

お腹を外側から温めよう

まずはお腹を冷やさないように、下腹部を中心にして温めましょう。

なぜなら、お腹が冷えたままでは改善しないからです。

例えば、スポーツ選手が試合に入る前は必ずウォーミングアップをしますよね。

これは体を温めることで、本来の力を発揮しやすくするためです。

だからお腹が冷えているような状態では、どれだけいいことをしても改善しにくいんです。

改善しにくいお腹で治すより、改善しやすいお腹で治した方が効果的ですからね。

だから、下腹部を中心として温めていきましょう。

  • 外出時なら上着を持っていって冷やさないようにする
  • 腹巻をしてお腹を温める
  • 家では着る毛布や、ひざ掛け用の毛布をお腹に巻くなど

とにかくお腹周りを冷やさないこと!

腹巻が締め付けるから嫌な方は、毛布でお腹を守りましょう。

夏でもエアコンが効いていたら、お腹周りだけ薄めの毛布を巻いてください。(思っているより暑くないですから)

お腹を温めるのは、おなかの冷え対策の基本ですよ。

お腹の内側から温めよう

お腹の外側からだけでなく、お腹の内側からも温めていきましょう。

これは、内側からの方が効果的だし、体の内側と外側で同時に温めた方が、冷えを追い出しやすいからです。

寒いときはヒーターに当たるのもいいですが、温かい缶コーヒーを飲むと「あぁ~生き返るわ~」ってなりますよね。

内臓に直接熱が伝わりますから、お腹周りも温かくなります。

だから喉が渇いた時は、お腹を温めるために温かい飲み物を飲むようにしましょう。

飲みの席で乾杯は冷たいビールでも構いませんが、食後は温かいお茶や熱燗などで終わりましょう。

お腹周りの汗はしっかり拭こう

お腹や腰周りの汗はしっかりと拭きとりましょう。

というのも、汗を放っておくことで体温が下がってしまうからです。

冷え性でも汗かきの方は多いですからね。

特にお腹や腰周りの汗は、直接下腹部を冷やしてしまいます。

だから、お風呂を出て体が冷えてくると、お腹が痛くなることあります。

これは、温まった体温を下げようと薄っすらかいた汗で、お腹周りが急に冷えることで起こります。

普段からお腹が冷えている方は、お風呂後でも真っ先にお腹が冷えますからね。

お腹や腰周りの汗をちゃんと拭きとって、お腹を冷やさないようにしましょう。

お腹を温めるために、筋肉を鍛えよう

お腹を持続的に温めていくために、下半身はお腹周りの筋肉を鍛えていきましょう。

なぜなら、熱を作れる筋肉を育てないことには、体を温めることができないからです。

特に「体動かすのは嫌だなぁ」と思って、後回しにすると治りません。

だから、ハードルをかなり低くてもいいので、毎日続けていきましょう。

筋トレであれば1日5回、ウォーキングであれば1日5分。

  • 腹筋するなら、背筋もセットで1日5回ずつ
  • スクワットは1日5回、でもゆっくり動いて負荷をかけましょう
  • 歩くなら5分だけでいいから歩いて、少しでも運動する

たまに気分が良いときは、1日10回とかに回数増やしてもいいですね。

ただし、「昨日10回やったから明日はやらなくてもいい」というのはナシです。

必ず毎日やることを心掛けましょう。

お腹を温めるために、下半身やお腹周りの筋肉を鍛えましょう。

胃腸に優しい食事をしよう

お腹が冷えているときは、胃腸に優しい食事をしましょう。

というのも、冷えで弱っている胃腸に負担がかかることで、悪化するからです。

例えるなら、寒くて風邪引きかけの子供に「外走ってこれば体温あがるよ」といって走らせるようなもの。

お腹が冷えているときは胃腸の調子が悪くなります。

胃腸に負担がかかれば悪化して、熱が生まれにくくなって、お腹が冷えやすくなる悪循環にハマっていきます。

だから弱っている胃腸に対して、

  • 辛いものや甘いもので胃を荒らす
  • 小麦製品で腸を荒らす
  • 暴飲暴食をする

といった胃腸に負担を高めることばかりしていると、お腹の調子が戻らなくなります。

冷えを取り除くだけが改善方法じゃないですからね。

風邪を引いた子供には温かくして休めせてあげるように、弱った胃腸も優しい食事で休ませてあげましょう。

お腹の冷えが治らない…!と思った時にチェックしたいこと

お腹の冷えが治らないのは、必ず原因があります。

特に陥りやすい4つのパターンを紹介していきます。

冷え対策が3日坊主になっていませんか?

冷え対策が3日坊主ですぐやめてしまう場合は、冷えが治りません。

なぜなら、体の冷えは治るまでに時間がかかるからです。

「3日やったけど全然効かない」「1日目はいい感じやったのにそれから効果ない」といった声を聞きます。

体の冷えはダイエットと同じです。

100キロから50キロまで体重を落とそうとしているのに、3日や1週間でギブアップしたら意味がないですよね。

それは効果がないんじゃなくて、結果を早く求めすぎです。

少しずつでもいいから、お腹の冷え対策を続けて、冷えを改善していきましょうね。

お腹が冷えやすい状況のまま行っていませんか?

お腹が冷えやすい状況のまま冷え対策をしても、改善は難しいです。

だって、せっかく温めてもすぐに冷やしては意味がないですからね。

ダイエットでいうなら、「30分運動したけど。お腹空いたからお菓子食べた」という状態。

ここでさらにシュークリームとかケーキとか食べたらもうアウトですよね。

お腹の冷えも、上記で紹介した「お腹が冷える人の特徴」に当てはまっていませんか?

仕事でエアコンガンガンに効いてて、外との寒暖差があるならば、自律神経のケアも必要です。

毎日仕事で座りっぱなしならば、少しずつ運動量を増やしていきましょう。

体で他にも冷えている部位があるなら、温めていくことも必要です。

あなたの体が冷えにくい状態を作ることを忘れてしまっては、改善しにくくなりますからね。

お腹周りだけケアをしていませんか?

お腹が冷えるといっても、お腹周りだけ温めていると冷えは治りません。

内臓があるお腹は、体にとって1番温めたい場所です。

そんな大事な場所が冷えているということは、体のいろいろなところが冷えていますからね。

お腹周りである『腰・背中・お尻・股関節・太もも』は冷たくないですか?

お腹の冷えは温めてケアをするだけでは、現状は守れても良くなるためのステップアップは踏めないです。

運動不足を解消して、筋肉を少しでも付けることは必要ですからね。

低体温で熱を作る力が、全体的に弱っていることもありますから。

お腹を冷やさないことは大切ですが、お腹周りだけ温めていると冷えは治らないですよ。

お風呂の温度が高くなりすぎていませんか?

体が冷え切っているからと、お風呂の温度設定が高すぎると体を冷やします。

というのも、お風呂の温度が42度以上であれば、体の芯が温まらないからです。

料理でもいきなり強火で肉を焼いたら、表面しか焼けないですよね。

それと同じで、42度以上のお風呂に入り続けると、体の表面しか温まらないんです。

これが厄介なのは、表面が暑すぎて体は冷やそうと汗をかくことです。

体の内側は冷えていますから、結果的にお風呂に入れば入るほど、冷えは悪化します。

お風呂は温度設定は高くしないで、体の冷えをケアしていきましょう。

冷え性でも湯冷めしないお風呂の入り方
【冷え性でも湯冷めしにくい】体の熱を逃がさないお風呂ケアとは冷え性だとお風呂に入った時にすぐに湯冷めしませんか? せっかく体を温めたのに手足が冷たくなると、「夜は手足が冷え切って眠れない」ことも...

お腹の冷えと体系の関係について

お腹の冷えは体系によって左右されるものではありません。

なぜなら、太っている方でも脂肪が冷えてしまうと、急激に体を冷やすからです。

痩せてるとお腹が冷えそうな気がしますが、インナーマッスル(体の内側の筋肉)がしっかりしていれば、熱を生み出せるので冷えにくいんです。

逆に太ってて筋肉がなさすぎると、1度脂肪が冷えてしまうと冷えやすい体質になります。

脂肪が冷えることで、保冷材のように体を冷やし続けますからね。

内臓脂肪や皮下脂肪は運動不足だと溜まりやすいです。

だから、お腹の冷えは体系によって左右されませんから、お腹が冷えている方は改善していきましょう。

一般的に太っている方が低体温と言われます。

汗をかくやすい分、体を冷やす作用が強いですからね。

まとめ:お腹が冷えないようにしっかりケアをしていこう

お腹が冷えるときは、しっかりとケアして改善していきましょう。

夏は毎日クーラーに当たっているから、お腹を壊しやすい方もいます。

冬も寒さから温かい格好をしてても、お腹が冷える場合もあります。

ただ、お腹には人が生きていくために必要な内臓がありますからね。

お腹が冷えていることは、けっしていい状態とはいえません。

少しずつでも改善法を取り入れて、お腹周りの冷えを取り除いていきましょう。

自分の体は一生のパートナーですから、ご自愛くださいね。

お腹を押すと痛いから心配になる
お腹を押す・触ると痛い時の注意点!痛くなる4つの場所を徹底解説!「最近お腹周りが張っちゃって…あれ? お腹って押すとこんなに痛かったっけ」と、思っていませんか? お腹が痛いと「病気かも…」って心配に...
関連記事