冷え性

冷え性を治すなら順番を守れ!いつまで経っても冷たい手足はもう嫌!

冷え性を治す

冬場に湯船に浸かると手足が冷えすぎて、お風呂で「ジーン」と感じませんか?

まるで手足を解凍しているみたい…。

座っているときに膝や太ももの裏で手を温めても、全然温まらずに手が氷のように冷たいまま。

せめて部屋にいる時ぐらい手足の冷たさを改善したいですよね。

でも「冷え性の改善方法を色々やったけど効果がなくて…」と、思っているあなた!

実は冷え性対策は正しくても、順番を守らないと意味がないって知ってますか?

「冷え性に効くって聞いたから」「友達がこれで治ったから」

と、体の受け入れ状態が整ってないまま、始めてしまいがちです。

  • ストレッチしてるのに全然効果がなくて…
  • ヨガ始めたら治らなくて、冷え性仲間ができただけだった
  • 同じ部屋にいて私が1番厚着してるのに、私だけ「寒い」って言ってる

本文では、これらの悩みがちな部分もフォローしていきます。

有効な対策なのに順番が違うだけで、逆効果になることも…。

冷え性を治す順番がわかれば、無駄がない正しいアプローチで時短にもなりますからね。

今日からやるべき・今はやらない方がいい、冷え性対策を見抜いていきましょう。

冷え性を治すなら、体の熱を作れるようになろう

冷え性を治すために『血流改善』からスタートしてませんか?

  • 体温が低くて、36,5度を超えない
  • 熱を作る力が弱くて、ずっと寒いまま

熱を作れないと冷えた体を温めることができません。

まずやるべきことは、体の熱を作れるようになることです!

冷えを取るためには、平熱を36,5~37,0度まで高める

冷えを取るためには、平熱をまず36,5度以上に高めることが必要です。

平熱が36度前半や35度台になっていると、体を温まらないからです。

お風呂で38度のお風呂と40度のお風呂って、けっこう体感温度が違いますよね?

1度や2度って数字で見ると小さいですが、40度の方が断然温かいです。

冷えも同じで、体温が低いままで治そうとしても治らないんです。

だからまずは『熱を生み出す力』を付けることがとても大切です。

平熱を36,5度以上にして、まずは『冷え性を治すためのスタートライン』に立ちましょう。

「私は平熱高いから体温は大丈夫」って思っている方は見落としてる?

「でも私は平熱高いから大丈夫」と思った方は要注意です。

なぜなら、『体温が高い=熱を作る力が強い』とは限らないからです。

あなたは末端冷え性で『手足の冷え』に悩んでいませんか?

「え、なんでそんなことわかるの?」と、思いますよね。

体温が低くて熱が作れない時は、

  • 「熱が作れないからこのままだと体温が下がっちゃう」
  • 「手足には悪いけど、内臓を動かすために手足の体温を内臓に回そう」

と、なくなく『手足の体温を内臓へと周している』場合があります。

だって内臓がうまく働かないと死んでしまうから…。

手足を犠牲にしてでも体温を維持する必要があるぐらい、実は熱が作れていないんです。

たご先生
たご先生
体温が高いと思っていても「冬は低体温」になっているかも…。

だから平熱が高い・代謝がいいとかではなくて、『じっとしてても熱を作れる』ことが大切なんです。

こういった冷え性は、血流改善で良くならないのが特徴です。

スポンサーリンク



冷え性で行う血流改善は体温が上がってからにしよう

冷え性で血流改善

「血流改善して冷え性を治そう」と思っている方は、順番間違いです。

なぜなら、血流改善は冷え性改善でも1番最後に行う行動だからです。

よく考えてみてください。

お風呂で追い炊きせずに、お湯をグルグル手でかき回しても温かくならないですよね?

追い炊きは『体温を生み出す力』でしたね。

グルグル手でかき回して循環を良くするのが『血流改善』です。

まずは体温をあげることに成功してから、血流を良くするという『順番』が大切なんです。

だから『ストレッチやヨガ』から入ると冷え性が治らないんですね。

体温がしっかり上がってきて、それでも手足が冷えている方が行う行動なんです。

特に「毎年冷えが強くなる」という方でストレッチをしてたら要注意です。

たご先生
たご先生
順番間違いの怖さはここにあります。

冷えきった手足に血液を送ることで、

  • 手足は一時的に温かくなります
  • しかし血液は手足で冷やされます
  • 心臓に戻ってきた血液は、体温を奪います

手足を温めた結果、体温が下がってしまえば逆効果です。

熱を生み出せる力がないままストレッチすると、結果的に体温が下がるんです。

冷え性を治す順番は、『体温を上げること』ですよね…?

だから「冷え性にいいから」と冷え性対策をしてるのに、悪化する場合があるんです。

たご先生
たご先生
間違ってはいけないのが、冷え性を治すために行動できるあなたは素晴らしいです!

もう冷え性を治す順番がわかっているから、悪化することがないので安心してください。

体が冷えすぎて動けないときは、まず湯たんぽで温めよう

体が冷えすぎて動けないときは、先に湯たんぽで温めるところから始めましょう。

体を動かす元気をまず作らないと、下手に動いてもエネルギーを無駄に使うだけだからです。

大切なのは、体を温める順番です。

『心臓に近い場所で、冷えているところから温めること』がポイントです。

足が冷えているなら『お腹→お尻→太もも→ふくらはぎ→足』の順番で温める

”冷え性=お腹や手足の冷え”ばかりのイメージですよね。

でも『腰・お尻・太もも・ふくらはぎ・わきの下』といった場所も冷えるので、自分で触ってみてください。

この時に、足をいくら温めても太ももやお尻が冷えていたら、温めてもすぐ冷やされるので効果が薄いです。

足が冷えているなら『お腹→お尻→太もも→ふくらはぎ→足』の順番で冷えを取ることが必要です。

冷え体質はすぐに変えることができませんからね。

改善の第一歩として、湯たんぽで体を温めていきましょう。

下半身に筋肉を付けて、冷えを温めるための熱を作ろう

冷え性を治すためには、「面倒くさい」と避けがちな筋肉を鍛えることが必要です。

筋肉は体の約半分ほどの熱を生み出す、『体温をあげるための重要ポイント』。

例えるなら、お風呂をガスで沸かしている時のガスが『筋肉』です。

使えるガスが少なくなれば、火が小さくなってお湯も温まりにくいです。

熱である体温を作るためには、筋肉が必要です。

正直に言うと「面倒くさいから1番最後に回しがち」なアプローチなんですよね。

「しんどいし、仕事が忙しいから他の方法で…」と、あなたは逃げてきませんでしたか?

最近は座り仕事で、

  • 仕事中も座ってばかりで動く回数が少ない
  • 移動は電車やバス、車で歩かない
  • 買い物もついついネットだから、出歩くことが減ってきた

動く機会が減れば、筋肉も自然と減ってきます。

でもムキムキに鍛える必要なんてないんです。

鍛える場所は、筋肉量の多い『下半身』。

ジョギングやウォーキング、スクワットなどで、下半身の筋肉を鍛えましょう。

ただし、運動不足の方が初日から気合を入れると挫折する元です。

徐々にトレーニングの量を増やして、少しずつやってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク



食べ物で体の内側から冷え性を治そう

体を温める食べ物を食べて、体の内側から温まりやすい体にしていきましょう。

なぜなら、冷え性体質のままでは体が温まりにくいからです。

温泉に行くと『水質』について書かれていますよね。

お風呂ならば『入浴剤』を入れると、体がポカポカしやすくなります。

しかし多くの方が、温めるような食べ物を食べません。

正確に言うと、「冷やすものと温めるもの」を食べています。

冷え性体質になっているときは、『冷えるもの < 温めるもの』の割合にするべきです。

冷える食べ物は、

  • パンや麺類といった小麦製品
  • 暑い地域や夏に取れる野菜
  • お菓子や栄養が少ないジャンクフード

といった、ついつい食べがちな食事です。

運動と同じで一気に全部変えるより、少しずつ変えていきましょう。

週7だったものを週3に減らすとかね。

たご先生
たご先生
続けれるような形でやることが大切ですよ。

体を温める食べ物は、

  • 寒い地域や冬に取れる野菜
  • 適度なお酒
  • 根野菜

冷たい飲み物をついつい飲んでしまう人は、食後の〆は温かい飲み物にしましょう。

『体を冷やしても、最後は体を温めて食事を終わる』ことが大切です。

体の内側から温めやすい体質を作ることを意識していきましょう。

自律神経が乱れていたら冷え性は治らない、体温調節ができるようになろう

「とにかく寒さに弱くなった」と、異常な寒さを感じるときは自律神経の乱れです。

なぜなら、自律神経が体温を調節しているからです。

例えるなら、お風呂の温度を管理している機械です。

40度に設定して追い炊きしても、お湯が出てこなかったら温めることができません。

だから体温調節がうまくいかないと、手足を含めて冷えに弱くなります。

特に夏に冷えを感じて、クーラーで異常に冷える方は要注意です。

たご先生
たご先生
クーラーが効いてると手足が冷える、お腹を下しやすい方ですね。

夏で冷えれば冬はもっと寒いですから、冷え性が止まりません。

冬場になると、

  • 朝寒すぎて起きるようになった
  • 布団の中に入っても手足がなかなか温まらない
  • 同じ部屋にいるのに厚着をしているあなただけが寒さを訴える
  • 41度のお風呂が寒い

こういった症状は、重度の冷え性と勘違いしがちです。

しかし体温調節がうまくコントロールできないから、熱を逃がしてしまうんです。

その結果、冷えが強くなる悪循環が生まれます。

しかし自律神経の乱れを整えても、熱を生み出す筋肉がなければ冷えは改善しません。

だから、自律神経の乱れを整えるのは1番じゃありません。

冷え性だけで悩んでいるなら、運動や食事を改善しても「冷え性が改善しない」ときに調整してみてはいかがでしょうか。

誰でもできる簡単な自律神経の落ち着かせ方
  1. お風呂に38~41度で15分~20分浸かる
  2. お風呂に浸かりながら、手足の指をほぐす
  3. 同じ姿勢で作業しているなら、1時間に1度”伸び”をする
スポンサーリンク



体温が作れるけど筋肉が凝り固まって冷えるときにはストレッチで血流改善

胃の負担を和らげるストレッチ

体温が作れるようになったけど、筋肉が凝り固まって血流が悪い時はストレッチです。

血液が流れにくいままでは、体温が体に行きわたりません。

ストレッチで血流改善すれば、冷えが一時的に治るのは事実です。

しかしタイミングを間違ってしまっては、冷えが治らない原因になります。

特にストレッチは始めやすいし、続けやすいです。

『自律神経を落ち着かせて、老廃物を流してくれる』という、ストレッチの良い面ばかり見すぎてはいけません。

たご先生
たご先生
伸ばす筋肉をまず作る必要がありますから、運動が先ですよ。

ストレッチは、

  • 手足に体温を届けて冷え性を改善する
  • 手足に体温を送ることで、体温を下げて冷え性を悪化させる

つまり、順番を間違えると結果が出ませんからね。

たご先生
たご先生
運動や筋トレしながらのストレッチは〇ですよ。

体温が作れるようになって、冷え性が改善できる準備が整ってからストレッチをしましょう。

まとえ:冷え性を治すなら順番を守って、正しく改善しよう

冷え性を治すための順番も大切ですが、すぐ治るものではありません。

気合を入れてグッと冷え性対策を出来たらいいですが、難しいですよね。

「少しずつ冷え性を良くしていこう」と、ゆっくり進んでいくことが大切です。

筋肉もどれだけ一生懸命鍛えても、1日2日で付きませんからね。

継続して順番に冷え性対策を行っていきましょう。

それでも治りが悪い・治らない方はこちらの記事も参考にしてください。

冷え性が治らない
冷え性が治らない…氷のように冷たい手を溶かすための5つのポイント冷え性対策を続けているのに、全然治らなくてため息が出ることってありますよね。 『がんばって冷え性対策してるのに全然変わらない!』と、ぶ...

自分の体は一生のパートナーですから、ご自愛くださいね。

関連記事