自律神経の乱れ

『脳に酸素が足りない感じ・息苦しい』と思った時の原因と症状まとめ

脳に酸素が足りない

「なんか最近息苦しくて、脳に酸素が足りてない感じがする」と、悩んでいませんか?

ついつい頭がぼーっとしがちで、なんか疲れが取れにくくなってくるんですよね。

だから「最近調子が悪い…」と、漠然とした悩みを持つことが多い。

まずは脳に酸素が足りない感じが、どこから来ているのか探してみましょう。

原因がわかれば対策を打つことができますからね。

脳の酸素不足が慢性化してしまうと、鬱病のような症状が出始めます。

だから本文を読んで、原因を見つけ出し、いち早く改善していきましょう。

脳に酸素が足りない感じがする3つの原因とは

脳に酸素が足りないと感じるときは、

  • 横隔膜の緊張により呼吸が浅い
  • 肩こりから血流不足が起こり、酸素の運搬量が下がる
  • 首の歪みから起こる自律神経の乱れ

といった可能性があります。

それぞれかんたんに解説していきますね。

横隔膜の緊張により呼吸が浅い

横隔膜が固くなってくると、呼吸が浅くなって脳の酸素が足りなくなります。

なぜなら、肺と横隔膜が協力をして呼吸をしているからです。

例えば、ボールに空気を入れる『空気入れ』です。

上下にレバーを動かして、空気を機械の中に取り込んで、先端から空気を出します。

人の体も同じで、レバーの役目である横隔膜が、動かないことには呼吸ができないんです。

横隔膜はお腹の肋骨にある筋肉の1つで、上下に動いて肺に空気を取り入れます。

肺はそこから酸素を吸収しているだけなんですね。

だから、呼吸が浅くなったときは横隔膜の方が大切なんです。

この時は、姿勢が右か左に偏りがちで、猫背になりやすいです。

あなたが「最近呼吸が浅くなっている気がする」と思うなら、まず横隔膜の固さから見ていきましょう。

横隔膜が痛いと肋間神経痛の恐れがある
横隔膜が痛いときは酸素不足から鬱病や肋間神経痛まで引き起こします大きく息を吸う時に、横隔膜が痛くなるような悩みを抱えていませんか? 呼吸で痛みを感じると、「このまま普通に過ごしても大丈夫なのかな?」...

肩こりから血流不足が起こり、酸素がうまく運べない

肩こりから血流不足が起こると、脳に酸素が足らない感じがします。

これは、血液が酸素を運んでいるため、血流が悪くなってしまうと運ぶ量が減るためです。

『ネットで商品を買ったのに、運送屋さんが届けてくれない』ような感じです。

あなたは、『肩こりが悪くなる=頭痛のイメージ』がありませんか?

ギュッ!と首・肩の筋肉が固くなると頭痛が起きます。

しかし、慢性的にグ~って固くなってきたときは、ゆっくりと酸素の量が減ってくるので酸素不足を感じるんです。

この時は「疲れが取れない、しんどい、だるい」と思いやすく、肩が常にドーンと重くなります。

後述しますが、『寝ても疲れが取れずに蓄積し続ける』ような形になる前に、肩こりを改善していきましょう。

肩こりから酸素不足がある方は、肩の負担を減らして血流不足を改善していきましょう。

肩甲骨のゴリゴリを改善しよう
肩甲骨のゴリゴリは固くなった筋肉の音!すぐに始めれる解消方法とは肩を動かした時に肩甲骨からゴリゴリする音がなっていませんか? いきなり肩からゴリゴリ音が聞こえると、どうしたらいいのかわからなくなりま...
肩甲骨の内側が痛い
【肩甲骨の内側が痛い!】手が届きにくいから知りたい改善方法!「肩甲骨の内側が痛い」と、悩んでいませんか? 一度痛みを感じると、前かがみの姿勢でも痛くなるし、良い姿勢をしても筋肉痛みたいになってて...

自律神経の乱れから呼吸が浅くなる

自律神経の乱れると、呼吸のリズムが崩れて、酸素不足になります。

なぜなら、常に一定のリズムで呼吸をするように、自律神経が管理しているからです。

まるでメトロノームが、右に動いた後は必ず左に動くように、呼吸も一定のリズムで吸って・吐いてを繰り返すんです。

緊張したときは心臓がドキドキするから、深呼吸して落ち着かせませんか?

これは、呼吸も心臓も同じ自律神経で管理しているから、深呼吸をすると落ち着きやすくなるんです。

だから、自律神経が乱れてしまうと、呼吸のリズムが速くなって、呼吸が浅くなる傾向があります。

僅かに呼吸のリズムが早くなるだけでも、体に取り入れる酸素量が変わってしまいます。

自律神経がメインで起こる時は「なんか最近急に息苦しいような気がする…」と、思い当たる節がないことが多いです。

呼吸のリズムが知らぬ間に崩れてしまい、酸素不足になっている方は、自律神経を疑いましょう。

自律神経とは
自律神経とは?自律神経を音楽で例えてわかりやすく解説してみた「最近よく聞くけど自律神経って一体なに?」って思っていませんか? それが普通ですから大丈夫ですよ。 自律神経を正しく理解して使ってい...
スポンサーリンク



脳に酸素が足りない感じがした時に起こりやすい症状について

脳に酸素が足りないと起こる症状は、

  • 寝ても疲れが取れない
  • 頭を締め付けるような頭痛・一瞬だけ頭痛がする
  • ふわふわめまいがする

といった、首から起こる自律神経の問題が起きやすいです。

「文字だけ見ると優しい印象」を感じるかもしれません。

しかし、うつ病にまで発展するくらい心に負担を与える症状です。

寝ても疲れが取れない

「あぁ~疲れた~」という状態ではなく、疲労感に襲われているような場合は注意です。

寝ても疲れが取れないとはいえ、普通は1日休めば多少なりとも楽になります。

しかし自律神経に負担が強いと、寝ても疲れがたまっているような状態が続きます。

まるで毎日ずっと朝から晩まで、疲労感に襲われている感覚。

体と頭に重りが常についているようなで、重りが毎日追加されていくと、長引くほど疲労感が取りにくくなります。

あなたは、体が重くて動きにくいから「だるい・しんどい・やる気が出ない」と思っていませんか?

「鬱病かな…?」と思うかもしれませんが、脳に酸素が足らないというだけでも、同じ症状が現れますからね。

「仕事で疲れたなぁ~」というのではなくて、疲労感に襲われるようなときはこちらをチェックして下さいね。

寝ても疲れが取れない原因は自律神経の乱れ
寝ても疲れが取れない・疲労感に襲われると思ったら自律神経を疑え!「寝ても疲れが取れなくて、だるさが続いてしんどい…」っていう日が続いていませんか? 単なる仕事疲れであればいいんですが…。 休みの日...

頭をギューッと締め付けるような頭痛や一瞬だけ頭がズキッとする

首こりや首の歪みが強くなると、頭を締め付けるような頭痛や一瞬だけ頭にズキッと痛みが走ります。

なぜなら、肩こりや首こりが酷くなることで、頭痛が起こるからです。

  • 肩こりから頭をギューッと締め付けるような頭痛が起こる
  • 首こりから頭にズキッ痛む頭痛が起こる

頭と首の間には自律神経をコントロールしている『脳幹』と呼ばれる脳があります。
脳に酸素が足りないと感じながら頭痛がある場合は、首の負担が強すぎます。
あなたは、スマホ・パソコンの姿勢を見るときは良い姿勢ですか?
まずは首の負担を外していって、首こりからくる頭痛に対処することで、酸素不足の改善に繋がります。

【肩こりで頭痛】頭を締め付けるような痛みを改善する5つの治し方肩こりからくる頭痛で悩んでいませんか? 頭をギューッと締め付ける頭痛や頭がガンガンすると、仕事に集中ができないしストレスが溜まる一方に...

ふわふわめまいがする

脳に酸素が足りない方で1番悩みやすいのは、ふわふわめまいかもしれません。

なぜなら、理解してくれる人が周りに現れにくいからです。

ふわふわめまいはツライんですが、動けないことはありません。

だから「サボっている、ただのマイペース」と、誤解されることが多いです。

頑張っているからこそ誤解されてしまうことで、

  • 心に負担がかかる
  • さらに周りに誤解を与える

といった悪循環が続きます。

「私が悪いから…」と、自分を責めることもあります…。

自律神経でふわふわめまいが起こっている場合は、思ったように動けないのが普通です。

だから自分を責める必要はありませんからね。

ふわふわめまいの原因
毎日ふわふわめまいが続いて、頭がぼーっとする原因を徹底解説!頭が常にふわふわする悩みを抱えていませんか? 頭がぼーっとするし、ふわふわしていると「やる気がでない…」ってなりますよね。 しかも、...

酸素は脳だけじゃなくて体全身が必要なもの

酸素は目に見えなくて、あまりにも身近なものなので有難みを感じにくいです。

しかし、

  • 筋肉を動かすために
  • 内臓を動かすために
  • 脳を動かすために
  • 免疫力を高めるために

ありとあらゆるところで、体は酸素を使っています。

その酸素の1番の消費量は脳で、全体の約20%使っています。

だから酸素が足らなくなってくると、1番感じやすいのが脳なんです。

体全体のいろいろな機能が下がる前に改善していきましょう。

スポンサーリンク




まとめ:脳に酸素が足りない感じを放っておかないで!

脳に酸素が足りないような感じを放っておくのは、もったいないです。

あなたも体の不調がすでに表れていると思います。

できるだけ症状が悪化しないように、あなたにできるところから改善していきましょう。

脳に酸素が足りない時は、あまり一気に動けないですから、一歩ずつゆっくりとね。

自分の体は一生のパートナーですから、ご自愛くださいね。

関連記事