自律神経の乱れ

自律神経の乱れを首から整える!下を向いていては始まらない!

自律神経の乱れを整える

「自律神経を整えたいけど、どうしたらいいのかわからない」って悩んでいませんか?

自律神経ってむずかしく考えがちだし、『自律神経=うつ病』のイメージから不安になりますよね。

そんな自律神経の乱れを、首の整体で整えることができますよ!

自律神経が乱れてるときって、

  • 頭がぼーっとしてやる気がでない
  • 疲れが取れないし頭が働きにくい
  • どうしたらいいのかわからなくて不安になる

こういった時は落ち込みやすくて、ついつい下を向いてしまうんですよね。

でも自信を持ってる人は、胸を張ってまっすぐ前を見つめることができるんです。

本文では、なぜ首から自律神経を整えることができるのか、わかりやすく解説していきます。

あなたの自律神経の乱れは、首の歪みや姿勢の悪さから来ていませんか?

自律神経が乱れる原因は心の問題だけではない

自律神経が乱れる原因はストレスにありますが、「ストレス=心の問題」ではありません。

というのも、自律神経は筋肉や内臓・心など体全体に影響するからです。

例えば、スポーツ観戦で興奮する時ってありますよね。

  1. 心:アドレナリンで興奮してテンションがあがる
  2. 内臓:脈が速くなり血圧があがる
  3. 筋肉:観戦中に思わず手をギュッと握り応援する

これらはすべて自律神経が無意識に体をコントロールしています。

たご先生
たご先生
寝ている時に呼吸したり、内臓動かしたり、寝返りをしたりね。

つまり、内臓や筋肉などに負担がかかることで、自律神経が乱れるということです。

ストレスの種類ストレスの詳細
心のストレス人間関係が合わず、職場にいずらいなど
体を支えるストレススマホやパソコンのしすぎで、首に負担がかかっているなど
体の内側のストレス保存料の入っているお菓子・農薬が多い野菜・インスタント食品が多いなど
体温調節のストレス暑い・寒いを繰り返す、夏や冬場の職場やコンビニなど
生活のストレス昼夜逆転やお風呂に入らない生活など

姿勢が悪かったら姿勢を整えるべきだし、食事が悪いなら食事を変える必要があります。

だから自律神経が乱れている=心の問題ではありません。

スポンサーリンク



自律神経の乱れを整えるために、首の負担をなくすべき理由

自律神経の乱れを整えるためには、首の調整が必要です。

なぜなら、自律神経を整えている脳は頭と首の間にあるからです。

具体的には『脳幹(のうかん)』と呼ばれる脳です。

簡単にいってしまえば、首が歪むと脳がギューッと押しつぶされてしまうんです。

そんな押しつぶされている状態では、自律神経をしっかり管理することができません。

だから、姿勢が悪くて首に負担がかかってくると、自律神経が乱れるんです。

最近は電車やバス、車で歩く機会が減って、運動不足になりやすいですよね。

  • ずっと座ってばかりのパソコン仕事で、
  • 運動不足で筋力が弱り、姿勢が悪くなる一方で、
  • 猫背が進んで首に大きな負担がかかっている。

運動不足で筋肉が弱くなれば、頭を支えることができなくなって首が歪みます。

たご先生
たご先生
運動してないのに姿勢がめっちゃ良い人っていないですよね。

特に落ち込んだり、心に問題を抱えていると、自分に自信が持てないから、下を向きがちで首に負担がかかりやすいです。

自律神経を管理している大元をギュッと締めていては、治りにくいです。

だから自律神経が乱れているときは、首の負担をなくしていくことが大切です。

すでに先進国では、投薬治療の前に手技療法で自律神経を整えることが主流です。

自律神経の乱れを整えるのは、あなたの身体です

自律神経の乱れを整えるシステムは、すでにあなたの体にあります。

なぜなら、生まれてからずっとあなたの体が自律神経を整えているからです。

今のあなたの体は、自律神経がうまく整えることができない状態になっているんです。

たご先生
たご先生
それが先ほどの首の歪みです。

自律神経のバランスを整えることができるのに、首が歪みが邪魔をしてうまく動かせないんです。

例えるなら、ストレスに対してハンデを付けて戦っているようなものです。

たご先生
たご先生
アンパンマンだって顔が濡れたままでは、バイキンマンに勝てないですよね。

あなたの体には自律神経を整える力がちゃんと備わっているんです。

だから、自律神経が乱れる原因に対処することも大切ですが、自律神経を整える身体作りをしていきましょう。

スポンサーリンク



自律神経を乱す首の原因は『姿勢』だった

首の負担は姿勢が原因

首に大きな負担がかかるのは『姿勢』です。

具体的には、『下を向く・頭を前に突き出す』という動きが首に負担がかかります。

というのも、日常生活で目線を下げることが圧倒的に多いからです。

例えば、スマホや読書、書類にサインするときは絶対に下を向きますよね。

料理したり、掃除機かけたり、子供の面倒見たりなど…。

パソコンの画面や紙が見にくいと思ったら、頭をグーっと突き出すように近づけますよね。

つまり、日常的に首に負担をかける動作が増えているんです。

だから、自然と知らないうちに首に大きな負担が溜まっているんです。

運動不足で姿勢が悪い

運動不足で姿勢が悪くなると、首の負担が強くなります。

これは、体を支える筋力が弱くなることで『猫背』になってしまうからです。

猫背になれば、肩が丸くなって、頭が前に倒れて首に負担がかかります。

先ほどの例でいえば、パソコン仕事やスマホを見ることが多いんでしたね。

それなのに運動せずに筋力が落ちて、頭を支える力が弱くなったらどうでしょうか?

首が歪みやすい状態が続いて、自律神経が乱れやすくなりますよね。

そんなストレスに弱い状態で失敗して怒られれば、耐えることって難しいですよね…。

こういった運動不足も、自律神経を乱す原因になるんです。

自律神経を首から整えるには整体をしよう

自律神経を首から整えるには、しっかりと情報発信をしている整体院を選びましょう。

なぜなら、首の骨は下手にさわることで、かえって歪んでしまうからです。

自律神経に直接影響を与えている『第一頸椎』は、椎間板がないので歪みやすいんです。

  • 首をグイグイ揉んでいる
  • 首をバキバキして調整している
  • ホームページの作りがわかりにくい

こういったところは避けるようにしましょう。

あなたの大切な体を見てもらうのですから、整体院選びは慎重に行ってくださいね。

当院の整体について

当院の整体が気になる方はこちらをチェック(外部リンク)してください。

自律神経にかかる負担を減らすために、一緒にストレスを取り除こう

自律神経を整えるためには、あなたと一緒に協力してストレスを減らすことが大切です。

というのも、自律神経を整えれる状態を作っても、ストレスが多いと歪みやすいからです。

例えば、整体で首の歪みを調整しても昼夜逆転の生活が続いたら、自律神経に負担がかかって治りにくいです。

ダイエットでいうなら、運動したのに食事の量が増えているようなものです。

だから一緒に自律神経を治していく努力が必要になります。

  • 昼夜逆転していたら、カーテンを開けて寝て、朝が来たら起きる
  • 運動不足なら、ジムに行ったり、散歩して歩く、
  • お菓子やインスタント食品が多いなら、自炊の回数を増やす

最初にもお伝えした通り、心だけがストレスの原因ではないんです。

問題は、色々なストレスを受け止めるのが『同じ自律神経』ということです。

心のストレスが強ければ、ほかのストレスを外してあげましょう。

それだけでも自律神経の負担を減らすことができますからね。

スポンサーリンク



まとめ:自律神経を整えて、普通の生活に戻ろう

自律神経の乱れを整えるには、首の歪みを整えることがとても大切です。

体の自律神経のバランスを取るシステムがうまく働かないと整えることができないですからね。

まずはあなたの今の姿勢をチェックしてみてはいかがでしょうか。

今この画面を見ている姿勢は大丈夫ですか?

姿勢(首)から自律神経が乱れているのであれば、姿勢(首)を整えていくことが大切ですからね。

自分の体は一生のパートナーですから、ご自愛くださいね。

関連記事