頭痛

頭痛で会社を休むのってダメなこと?無理して体を壊す必要はないよ!

頭痛で仕事を休む

「頭痛が酷すぎて仕事を休みたい…けど…」って、悩んでいませんか?

急に仕事を休んだら迷惑かけるけど、頭痛が酷くて仕事ができるような状態じゃないって思いますよね。

『風邪引いてても仕事って出てくる人が多いから、頭痛で休むのは…』と、思いがち。

でも本当に頭痛で辛すぎるときは、仕事を休んで頭痛を回復させましょう。

酷い頭痛で嘔吐したり、倒れたり、事故にあったりする方が大変です。

  • 休んでもいいのかな?
  • 嫌な顔されないかな?
  • 休んでも次出社するのが嫌やな

と、いろいろ考えてしまうことで、もっと具合が悪くなりませんか?

今あなたにとって必要なことは、考え方を変えることです。

本文を読んで、まずあなたの心と頭痛に向き合っていきましょう。

頭痛で仕事を休むっていいの?

社会人になると『急に休む』って言い出しにくいですが、あまりにも頭痛が酷いときは休むべきです。

なぜなら、頭痛持ちのあなたが「無理だ…」と思うほど酷い頭痛なんて、よっぽどのことではありませんか?

当院でも「頭痛を治したくて…」と、目に涙を浮かべながらお話しくださった方がいます。

それぐらい深く悩む方もいるのが、『頭痛』なんですよね。

だから「頭痛で休んでもいいのかな?」と、悩まないでください。

「酷い頭痛だから仕事を休もう」と、痛みを実際に感じている、あなたが判断するべきではありませんか?

頭痛で休みを取りにくいと思っている方は、

  • 自分よりも他人の心配をしてしまう
  • 他の人の迷惑を考えてしまう

周りの反応が気になって、行動に移すことに勇気が持てない方が多いです。

あまりにも頭痛が酷いときは、自分を優先して休むべきですよ。

上司に頭痛がうまく理解されない…

「頭痛で仕事を休みたいけど…」って悩むのは、頭痛の辛さが理解されないからですよね。

これは、誰もが風邪で頭痛を経験しているからこそ、逆に「我慢できるもの」と思われるからです。

だから「(風邪でみんな出社してるのに)頭痛ぐらいで休むの?」と、嫌みを言われることも。

「こっちだって行けるなら行くよ」というのが本音ですよね。

同じ頭痛持ちの方ですら、「私も頭痛持ちだけど、薬飲んだら割と楽になるよ」と、理解されないこともあります。

頭痛が酷くなると、

  • 薬が効かないから、頭痛が起こると止めようがない
  • 安静にしててもどんどん頭痛が強くなる
  • 頭が強烈に締め付けられるから目を開けていたくない

こんな酷い頭痛でも、無理やり仕事に行っている人って意外に多いんです。

理解されないから休めないって無理を続ければ、あなたの頭痛はもっと悪化します。

あなたの体を守れるのはあなただけですよ。

頭痛を治すために、自分の頭痛と向き合おう

頭痛ができるだけ起こらないように、自分の頭痛と向き合うことが大切です。

なぜなら、毎月急に仕事を休むことが増えてくると、さすがに職場の人も困ってしまうからです。

だから、少しでも頭痛にならないようにすることが大切です。

例えば、緊張型頭痛なら肩こりから起こりやすいです。

こういった方は、

  • 同じ姿勢で仕事をする時は、一度立って伸びをして体をほぐす
  • 肩を回して肩の運動を行う
  • 足を組まずに姿勢を常に意識して仕事をする

といった、自分でできる緊張型頭痛の対策は、最低限行いましょう。

肩こりの体操を「仕事場でやるのは恥ずかしいから…」と、仕事場でされない方もいらっしゃいます。

しかし、仕事場でもやらないと治りにくいし、仕事仲間にわかってもらう機会でもあります。

「あいつあんなに頭痛対策してるのに、それでも頭痛になるのか…」と、理解される確率が高まるからです。

仕事に支障がきたさないように、毎日頭痛を治す努力をして、頭痛薬を飲んでも、マッサージしても、病院にいっても酷い頭痛になりました。だから、休ませて下さい。

「私の頭痛は治らない」と諦めるのではなくて、自分の頭痛と真剣に向き合うことが大切ですよ。

【肩こりで頭痛】頭を締め付けるような痛みを改善する5つの治し方肩こりからくる頭痛で悩んでいませんか? 頭をギューッと締め付ける頭痛や頭がガンガンすると、仕事に集中ができないしストレスが溜まる一方に...

あらかじめ頭痛に悩んでいることを会社に伝えておこう

頭痛持ちなら、あらかじめ頭痛に悩んでいることを会社に伝えておきましょう。

なぜなら、急に「頭痛で休みます」と言われても、会社側も「え?!」って驚いてしまうからです。

もし言ってないのであれば、休んだ翌日に上司に相談しましょう。

  • どんな頭痛を持っているか:頭が割れそう、ギュッと締め付けられる
  • 治す努力をしていること:治療、運動、体操、エクササイズなど
  • 頭痛薬が効くのか効かないのか:いろんな種類を試してもダメなのか
  • 夏場は冷えすぎて頭痛がする:クーラーの風が当たらない場所に代わってもらえないか

しっかり話し合うためには、あらかじめ時間を頂くか、お昼休みなど時間がある時を選びましょう。

会社も事情がわからないことには、冷たい態度を取りがちです。

だからこそ、最初に頭痛に悩んでいることを伝えておきましょう。

頭痛で仕事を休むときは必ず電話にしよう

頭痛で仕事を休むときは、必ず電話にしましょう。

今はラインやメールで気軽に連絡が取りやすいですが、文字では感情(しんどさ)が伝わりにくいです。

電話であれば、『声の大きさや暗さ』で、しんどさが伝わります。

急に仕事を休むことは連絡しにくいから、ラインやメールを使いがちですが、かえって印象が悪くなりやすいです。

言いにくいときは、何を伝えるべきか『紙に箇条書き』にしてから、電話をしましょう。

頭痛がするときほど、その場で考えようとしても、パッと言葉が出にくいですからね。

必ず電話をして、休むことを伝えましょう。

まとめ:頭痛で仕事を休むことは悪いことじゃない

頭痛で仕事を休むことは悪いことではありません。

あなたの体はあなたが1番よくわかっています。

「これだけ頭痛が酷いと無理…」と思ったら、休んで体を助けてあげましょう。

ただし、頭痛を治す努力をして行くことが必要ですからね。

風邪をひかないように体調管理をするように、頭痛をしないように頭痛管理をしていきましょう。

自分の体は一生のパートナーですから、ご自愛くださいね。